" " 横浜市西区でアフターピルのご相談なら田渕レディスクリニック|横浜駅から徒歩7分 " "

アフターピル

アフターピルとは

アフターピルとは、妊娠の可能性が高い時期に避妊に失敗した場合などに緊急的に避妊を行う薬です。
通常避妊はセックス前から準備しておくものですが、妊娠の確率が高い時期に避妊せずにセックスをしてしまったり、避妊はしていたけれどもたとえばコンドームが破れてしまったりなどの失敗で妊娠してしまう可能性が高まることがあります。そんなときにセックス後でも妊娠の可能性をさげる薬がアフターピルで、緊急避妊ピルともいいます。
アフターピルが有効なのは性行為のあと2~3日以内といわれていますが、24時間以内であればさらに避妊できる確率は高くなります。

ノルレボとヤッペ

アフターピルは、子宮内膜を調整して受精卵を着床しにくくしたり、排卵を遅らせることで受精の可能性をなくしたりすることによって、妊娠の可能性を減らします。
アフターピルには、代表的なものとして、ノルレポとヤッペ法があります。

ノルレボ

ノルレボはWHO(世界保健機構)で認められ、厚労省から認可された緊急避妊薬です。性行為のあった後72時間以内に1度服用することで、約85%程度妊娠を避けられるとされています。24時間以内に服用すればさらに避妊できる確率は高まります。

ヤッペ法

ノルレボにかわり、一般治療用の高用量女性ホルモンを用いるのがヤッペ法です。ヤッペ法では性行為のあった後72時間以内に1度、さらにその12時間後にもう1度ホルモン薬を服用します。避妊できる可能性は57%とされています。

ノルレボを用いる場合、避妊の確率は高く副作用もほとんどありませんが、費用が高くなってしまうのが難点です。
ヤッペ法は費用は安いのですが、ノルレボと比べると避妊の確率がさがり、副作用が出る可能性も高いのが難点です。おもな副作用としては吐き気などがあります。

よくある質問

アフターピル(緊急避妊)とは?

望まないセックスや避妊の失敗などが妊娠の確率の高い時期にあり、妊娠の可能性がでてきてしまった場合に、セックスの後から薬を用いて妊娠の可能性を下げることができるものです。緊急避妊と言うこともあります。多くの女性にとって、望まない妊娠から体を守るために有効な方法で、安全性も高いとされています。

アフターピルとはどういう薬でどんな仕組みなのですか?

アフターピルには、通常の経口避妊薬と同様のホルモン剤が使用されます。このホルモン剤にノルレボを使うか、高用量ホルモンをつかうかなどの種類があります。
妊娠の確率を下げる仕組みとしては、ホルモン剤によって精子が体内にとどまるとされる72時間以後に排卵を遅らせる、子宮内膜を調整することによって受精卵が着床しにくくする、受精そのものを妨げるなどによって妊娠の可能性を減らす仕組みです。

アフターピルってセックスのあとどのぐらいまでできるのですか?

ノルレボという薬を用いる場合と高用量のホルモン剤を用いるヤッペ法という2種類の方法がありますが、どちらも性行為のあと72時間までに行うとされています。ノルレポの場合24時間以内に行えばさらに避妊できる確率は高くなります。

アフターピルの効果はどの程度のものですか?

さまざまな働きによって妊娠の可能性をさげてくれるアフターピルでも万能とはいきません。100%の避妊というのは残念ながら望めません。
妊娠阻止率とは排卵日近辺の性行為によって妊娠してしまうことを防ぐ確率のことですが、これがノルレボでは85%、ヤッペ法では57%といわれています。

アフターピルの効果はどのぐらい続くのですか?

アフターピルには通常の避妊薬と同様の薬も使われますが、あくまでも性交後の緊急避妊ということであって、アフターピル服用後の避妊に役立つものではありません。それどころか、通常の排卵期を遅らせるはたらきがありますので、安全日だと思っていても実は薬によってそのころに排卵があり、妊娠してしまうということもあります。あくまで一時避難だということに注意する必要があります。

アフターピルの安全性はどのようになっていますか?

ノルレボやヤッペ法のどちらもが、厚生労働省に認められており、特にノルレボは副作用もほとんどなく、WHO(世界保健機構)からも必須緊急避妊薬に指定されているぐらいです。

アフターピルは副作用があるとききますが?

アフターピルのうち、ノルレボはほとんど副作用がないと言われていますが、それでも低い確率ながら、気分を悪くする、頭痛がする、乳房に圧痛がある、不正出血があるなどがおこることがあります。
ヤッペ法では、吐き気やめまい、腹部の不快症状などがおこりやすいとされますが、ほとんどの場合は24時間以内におさまり後をひくことがなく安全といわれています。
なお、服用後2時間以内に吐き戻してしまった場合には、すぐに医師に相談してください。場合によっては薬の成分が体外にでてしまい、避妊の効果が薄れることがあるからです。

045-314-3300 インターネット相談
一番上に戻る