" " 不正出血|横浜市西区の田渕レディスクリニック|横浜駅から徒歩7分 " "

不正出血

不正出血とは

不正出血とは不正出血とは、月経時の出血以外での性器からの出血のことで、不正性器出血と言う場合もあります。
血液の出血時期によって、新しいものは赤く見え、古い血液は茶色く見えます。ごく少量の出血の場合、黄色く見えることもあります。
排卵期や妊娠初期など病気以外の原因で出血する場合もありますが、中には卵巣腫瘍や子宮頚がんなど重大な病気の兆候であることもあります。

主な原因

不正出血を起こす原因としては、妊娠に関するもの、ホルモン異常によるもの、炎症からくるもの、良性・悪性の腫瘍によるものが考えられます。

妊娠からくるもの

受精卵が子宮に着床して胎盤が形成される際に出血が見られることがあります。
妊娠中の出血では異所性妊娠(いわゆる子宮外妊娠)、流産などが疑われます。

ホルモン異常に関するもの

月経異常や卵巣機能不全などが原因となる出血です。

炎症からくるもの

クラミジアやトリコモナスなどの病原菌感染、タンポンなど異物や性行為などでできた傷による膣部びらん、萎縮性膣炎による炎症からの出血があります。

良性の腫瘍

子宮筋腫やポリープなどの腫瘍が原因の出血です。

悪性腫瘍

子宮頸がん、子宮肉腫、子宮体がん、卵巣腫瘍、膣がんなどによる出血です。

尿や肛門からの出血など、性器以外の出血と区別ができないケースもあります。一般に不正出血の原因については見ただけではわからないことが多く、異常が続く場合には婦人科のに相談することが大切です。

血の色について

茶色の出血の場合

まず考えられるのは妊娠の可能性です。ご自身の月経サイクル、性行為のあった日、排卵日などから、その可能性がないかどうか振り返ってみましょう。
妊娠の可能性がないと判断されるケースでは、出血の時期によって判断が分かれます。
茶色の不正出血が生理前後におきる場合は、子宮内膜の一部が排出されたもので、病気の可能性は低いといえます。
茶色の出血が生理サイクルと大きく異なる時や、生理後にも続くなどの場合には、子宮筋腫やポリープ、子宮がんなどの可能性もあります。

鮮血の場合

月経サイクルとまったく違う時期に赤色の不正出血をするような場合、まず考えられるのは生理不順による出血です。生活のリズムが乱れていたり、疲れやストレスが溜まっていたりすることでホルモン分泌機能が低下し、生理不順が起こります。
その他、子宮膣部のびらん、子宮筋腫、子宮ポリープ、子宮内膜炎、膣炎などの病気、炎症も出血の原因となります。
いずれのケースでも不正出血が続いたり、違和感を感じたりする場合には、受診して下さい。

対処法

不正出血には、病気とも言えない程度のものから、重大な病気が原因となっているものまでさまざまなケースがありますが、見ただけでは判断がつきにくいものです。疑われる病気によってそれぞれ検査は異なりますので、まずは婦人科を頼りましょう。また一度検査をうけて異常なしと判断されても、また不正出血を繰り返すような場合、何らかの病気のはじまりであることも考えられますので、定期的に検査をすることをおすすめいたします。

045-314-3300 インターネット相談
一番上に戻る