" " 過多月経|横浜市西区の田渕レディスクリニック|横浜駅から徒歩7分 " "

過多月経

生理が多いのは病気?

生理が多いのは病気?月経時の出血の量が多いなと思っていても、ほかの人と比較はしにくいし、多くの女性はよほどの変化がないかぎり、そんなものだと思ってしまいがちです。しかし、経血が多すぎることによってさまざまな症状を引き起こす「過多月経」であるかもしれません。
経血の量については、どこからが過多月経であるかの線引きは難しいものがあります。「経血に血のかたまりが混じることがある」、「昼間に夜用の生理用ナプキンを使わなければならないほど出血がある」ような場合には、過多月経を疑う必要があるかもしれません。

こんな症状ありませんか?

こんな症状ありませんか?

  • ナプキンが1時間ももたず頻繁にとりかえる
  • 経血にレバーのような血のかたまりが混じる

このような症状がある場合、過多月経の疑いがあります。過多月経では、出血からくる貧血(鉄欠乏性貧血)をおこすケースが多く、貧血にともない倦怠感が続く、めまいや立ちくらみを起こすなどの症状がみられるようになります。

鉄欠乏性貧血とは

鉄分は赤血球の重要な成分であるヘモグロビンをつくるために必要な成分です。この鉄分が不足しておこる貧血が鉄欠乏性貧血です。症状はゆっくりと進行するため、患者さん本人が貧血状態になじんでしまい、異常に気がつけないケースも見受けられます。
そのほかの自覚症状として、動悸や息切れ、耳鳴りをともなうことがあります。またヘモグロビンが欠乏するため顔色が青白く見え、爪がさじのように平になるなどの症状も見られます。

過多月経の原因

婦人科器質性疾患

子宮など婦人科にかかわる部位の疾患が原因で過多月経を引き起こすのが器質性疾患です。主なものに、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜ポリープなどの良性腫瘍、子宮体がん、子宮頸がんなどの悪性腫瘍があります。
疾患がもととなる過多月経では、疾患が悪性かどうかを確認することがとても重要です。内診、超音波、子宮鏡検査を受けるとともに、子宮体部や子宮腔部スメアといわれるがん検診を受けることが大切です。また、悪性腫瘍の早期発見のためには、普段から婦人科検診を受診しておくことも重要です。

婦人科機能性疾患

女性ホルモンの異常により、過多月経となることがあります。おもな原因となるのは、黄体機能不全や無排卵性周期症(周期的に月経のような出血はみられるのに、排卵をともなわない症状)などです。これらの症状は10代から20代の月経歴の短い層と40代後半からの閉経期の近い層に多くみられます。この年代の過多月経の原因として疑ってみる必要があります。問診と基礎体温表やホルモン検査を行い診断します。

内科的疾患

内科的に血小板が減る、血がかたまりにくいなどの血液疾患があるために、過多月経を起こすことがあります。先天性のもの、なんらかの後天的な理由によるもの、薬物の作用によるものなどが考えられます。過多月経の診断を受けてこうした血液疾患が発見されるケースもあります。

主な治療法

IUS(子宮内黄体ホルモン放出システム)

IUSというのはIntra Uterine System(子宮内システム)という英文の略語です。子宮内に黄体ホルモンを放出しつづける装置を装着する治療法です。黄体ホルモンは子宮内膜の増殖を抑える働きがあり、経血量を減らし月経痛を和らげるなど月経の症状を軽減し、結果的に過多月経を抑えるために有効とされています。貧血な改善にもつながります。この器具は一度の装着で5年は有効です。
この器具により月経がなくなることもありますので、避妊療法としても使用されています。

ホルモン療法

女性ホルモンの分泌バランスを投薬によって整える治療です。
ホルモン治療で用いられるおもな製剤としては、黄体ホルモン・卵胞ホルモン混合剤(ピル)、黄体ホルモン製剤、GnRHアナログ製剤、タナゾール製剤があります。
黄体ホルモン・卵胞ホルモン混合剤(ピル)、黄体ホルモン製剤は直接女性ホルモンバランスを調整する働きを持ちます。GnRHアナログ製剤は脳下垂体に働きかけ、ホルモンの分泌を調整するものです。
タナゾール製剤は、男性ホルモンであるテストステロンの誘導体で、女性ホルモンの影響で症状が起こったり、強くなったりする過多月経や月経困難症などの症状を抑える効果があります。
これらの製剤は、患者さんそれぞれの体質や状態に応じて処方されます。

手術療法

症状が重い場合や器質性病患の種類によっては手術が必要になるケースもあります。
手術には臓器から病巣のある部分だけを取り除く保存手術と、疾患のある臓器そのものを摘出する根治手術があります。これらは、疾患の重さや容体、その後の妊娠の希望の有無などによって決定します。なお、当院では手術が必要と判断した場合は提携病院にご紹介いたします。

045-314-3300 インターネット相談
一番上に戻る